噛み合わせの悪さ解消によるブラケット矯正なら金子デンタルクリニック

矯正治療矯正治療には器具を使う場合があります。歯を固定したり、安定したりさせたりするための器具です。歯を動かすための器具もあります。それがブラケットです。歯と歯のスペースがなく、正常な位置に戻すためにはスペースの確保が必要という場合、ブラケットが用いられます。


歯科で矯正する時には、まず精密検査を行います。レントゲンや写真を撮ったり、歯型をとったりします。最適な治療を行うためです。精密検査の結果が出ると、治療開始となります。

ブランケットにより矯正する場合、まず抜歯が必要になります。抜歯してスペースを確保し、咬み合わせの悪さなどを解消する治療を行います。矯正専門歯科では抜歯ができない場合が多いので、他の一般歯科に行くことになります。抜歯をしたら、ブラケットを装着し、歯を動かします。奥から半分を先に装着し、歯が動いてきたら全体に装着することになります。奥に加えて前の方にもブラケットを装着します。きちんと装着できているのか確認するために、月に1度、来院して調整します。


ブラケットによる移動が完了するのは2~3年と言われています。2~3年で装置を外しますが、そのまま放置しておくと、せっかく正常な位置に戻った歯が、また元に戻ってしまいます。だから保定装置をつけます。その保定の様子を確認するために、3~4カ月に1度、通院します。保定装置は1~2年付け続けてみて、後戻りしないようになったら、外して良いということになり、矯正が完了します。